アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

優しい色の土佐和紙、三色ブロックメモ[かたばみ]

高知に引っ越した知り合いからお土産が届きました。土佐和紙のブロックメモ。色合いの優しさがいいです。無駄に使いたくないです。後ろに毎度使っているポストイットを置いてみました。全然、色が違います。

三色のブロックメモ[かたばみ]|土佐和紙
優しい色の土佐和紙、三色ブロックメモ[かたばみ]

きちんと漉いた紙を使ってるんですね。日本ってすごいなあと、オリンピックではないところで感心しています。

佐藤智弘アイコン chiro

久しぶりに格闘技をみました

後楽園ホールに行くのも久しぶりだったんですが、知り合いが選手として出るというので日曜日に行ってきました。普段は渋谷のバーで働いていて、店が終わるのは明け方(私は健全に夜の早い時間専門ですけど)、それから寝て、午後はずっと練習、練習が終わるとバーにやってきます。
強いのか弱いのかまだわかりませんが、今回はTKOで負け。体の調子を整えて、次は勝ってほしいものです。

レベルス・ムエタイキックボクシングプロモーション

久しぶりに格闘技をみました

そんなわけで私の周りにはバーの常連さんたちがたくさん。不思議な世界でした。

佐藤智弘アイコン chiro

見てない映画も面白い、町山智浩『「最前線の映画」を読む』

見てない映画の批評を読むとたいてい面白くないのですが、町山さんのは毎度面白い。それをどどどっとまとめた新書。これ、お勧めです。

町山智浩『「最前線の映画」を読む』|インターナショナル新書|集英社インターナショナル
見てない映画も面白い、町山智浩『「最前線の映画」を読む』

映画評というのではなく、そういう映画がなぜ作られたのかという文化や社会について語られているのがいいのでしょう。映像の文法の話もちらっと出ますが、そこに眼目がないところがいいんじゃないんでしょうか。面白いです。

佐藤智弘アイコン chiro

カーリングの靴底はどうなってるのか?

オリンピックで盛り上がっています。どの放送局も同じ内容だったりして不思議です。普通の国ではこういうことはないのですが、日本の場合は放送権をジャパンプールとして共有するため、こういうことがおきます。それはさておき。
カーリングの選手の靴底が気になって仕方がないので調べたら簡単な理屈でした。片方は滑りのいい靴底、もう片方は滑らない靴底。知ってみればなるほど。

カーリング・シューズ|日本カーリング協会
カーリングの靴底はどうなってるのか?

細かいことですが、ブログではないので、こういうサイトでの誤植は直しましょうね。「カーリングについて」ですよね。

佐藤智弘アイコン chiro

ともかく前向きな「グレイテスト・ショーマン」

なぜ歌いながら物語を進めるのか、というミュージカルの根本的な問題はおいといて(おいとかないと話が前に進みません)、実に前向きな人生賛歌だと思います。ヒュー・ジャックマン抜きではできなかっただろうなという「グレイテスト・ショーマン」。落ち込んでいる人にはいい刺激になるかと思います。

映画「グレイテスト・ショーマン」オフィシャルサイト
ともかく前向きな「グレイテスト・ショーマン」

個人的な話ですが、人に裏切られるなんて何度も経験しています。ひどい目にも何度も会いました。そんな時助けてくれるのが本当の友人だと思いますし、そういう人に救われてきました。そんなことを思い出しつつ見てしまう映画でした。人生、そんなに悪くないよ。

佐藤智弘アイコン chiro

前のページ «  ホーム  »  次のページ