FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

多分現地で活躍しているハイゼックス炊飯袋

今回の地震も規模がわかるのに数時間を要しました。阪神淡路大震災の時も実際に何が起きているのかわかるのに相当手間取ったことを思い出します。現地では食べ物の不足、水の不足が深刻になっているのでしょう。
阪神淡路大震災の時に赤十字の方々に教えてもらったのですが、現地入りしてまずすることはお湯を沸かすことなんだそうです。できるだけ大きい鍋などの器で、中の水は飲めないものでもなんでもいいんだそうです。神戸では川の水を使ったと伺いました。この水自体は調理に使う訳ではありません。ただただ熱湯であればいい訳です。そこで登場するのが「ハイゼックス炊飯袋」。これは覚えておきましょう。これです。

魔法の米炊き袋(ハイゼックス) | 災害用移動炊飯器関連商品

多分現地で活躍しているハイゼックス炊飯袋

高密度のポリプロピレンの細長い袋です。普通のビニール袋とは丈夫さが違います。袋に目安となる米の量と水(今度は飲料水で)の量の線があります。この線に沿って入れて、空気を抜くようにしながら輪ゴムで止めます。これを沸かしておいたお湯の中に入れます。炊きあがると浮いてきます。これだと水が無駄にならないんですね。
多分、被災地でこれが今活躍していることと思います。都心のコンビニすら昨晩はおにぎりやお弁当は品切れでしたから。
神戸ではもう今回の震災でこれを使うことないからと残っていた10枚ほどをいただきました。東京に戻ってきて話をするたびに1枚ずつあげてもう手元にはありませんが、1度だけ使ってみたところ、初めてでもきちんとできました。
東京にいては何もできない…と思っていたら、ある方が「節電と献血」と言ってました。現在、私もこのPCと冷蔵庫以外の電源を抜いた状態です。できることからしましょう。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/958-76df1da0

 ホーム