アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘミングウェイ「移動祝祭日」

確か絶版だったと聞いていたのを発見。ヘミングウェイがパリ暮らしを回想して書いた本。土曜社という出版社から文庫で出版されました。個人的にありがとうございます、という感じ。

ヘミングウェイ「移動祝祭日」|土曜社
ヘミングウェイ「移動祝祭日」

もしきみが幸運にも
青年時代にパリに住んだとすれば
きみの残りの人生をどこで過ごそうとも
パリはきみについてまわる
なぜならパリは
移動祝祭日だからだ

この言葉はエルメスジャポンの前社長の齋藤峰明さんがある場で言っていたので覚えていた。ようやくその本を手に入れた。この言葉は冒頭に書かれていて、以下、どうしようもないパリという街への深い愛が書かれている(読み始めだけれど)。わかる。今のパリもそう。どうしようもなくだめなんだけど愛さずにはいられない感じ。このところ余裕がないので、ゆっくり読み進めたいと思います。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2560-195020b6

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。