アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルックスが20年前で残念な「GANTZ:O」

せっかくの大阪を主な舞台にした「GANTZ」なんですが、大事なところでだめでした。登場人物の顔、全員が完全に左右対象です。手抜き。襲ってくる星人たちはぐちゃぐちゃなのに。完全左右対象の顔に人間味を感じないというのはもう20年前のCG駆使した洋画では当たり前の知識でした。それがいまだに出来ていないなんて悲しいです。誰か言ってあげなかったのかな...。

映画「GANTZ:O」
ルックスが20年前で残念な「GANTZ:O」

これが主人公の加藤。ね、左右対象でしょ。もう、昔のファイナルファンタジーの動画部分みたい。
物語は奥浩哉の作った大阪編に沿っていて迫力はあるんですけど、残念です。ハリウッドには遠いです。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2554-6591e4a5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。