アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木大拙ってさりげなく人気高いのね

先週の土曜日に多摩美術大学美術館へ。今回の展示は「鈴木大拙没後50年記念 大拙と松ヶ岡文庫展」。土曜日は安藤礼二氏の講演と対談があった。知り合いの学芸員さんから、来るならこの日がいいですよ、と教えられていたので、それに従った。確かに大拙は大きすぎて展示を見ただけではわからないものが多い。それにしてもこの講演会、100人程度と見積もっていたようですが、実際には170人ほどになったとか。予想外の好評に裏側は大忙しの様子。大拙って今の時代にどんな力を持っているんでしょう。

鈴木大拙没後50年記念 大拙と松ヶ岡文庫展|多摩美術大学美術館
鈴木大拙ってさりげなく人気高いのね

今回の展示で興味深いのは大拙が集めていた江戸〜明治時代の版木を新たに刷ってみた仏画の数々。100年以上前の版木からもきっちり刷ることができるんですね。鮮やかです。江戸時代、お札ってこんな版木から作ってたんだなあと納得。今ではデータからプリンターなんでしょうか…。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2537-e5d7af5f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。