アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど、そうなるのかと脳梗塞が理解できる「脳が壊れた」

脳梗塞を起こした人が本を書く、ということ自体が確かに難しいはず。ルポライターの鈴木大介さんが脳梗塞になってからの経緯を自ら書くという新書。これ、面白いと言っていいのかわかりませんが、役に立つ本です(いえ、役に立たずに済む方がいいですけど)。

鈴木大介「脳が壊れた」|新潮新書
なるほど、そうなるのかと脳梗塞が理解できる「脳が壊れた」

感情の揺れが大きくなる、左側が見えなくなる、人を直視できないかと思えば、何かが心に触れるとどうしても凝視してしまう。確かにそんな症状の人は見たことがあります。そんな人の心の内側が感じ取れて、なかなか深い納得でした。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2530-524fc83a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。