アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

突然、自分にとっての世界が変わったら?という映画「ルーム ROOM」

アカデミー賞主演女優賞を獲った映画「ルーム ROOM」を見てきました。狭い部屋の中での映像が延々と続きます。しかも登場人物は母と子のみ。監禁されているんだから仕方がありません。

映画「ルーム ROOM」公式サイト
突然、自分にとっての世界が変わったら?という映画「ルーム ROOM」

17歳で誘拐され、そのまま監禁。その間に子どもを出産。風呂、トイレ、キッチン、すべてが1部屋(ルーム、ですね)の納屋の中。これだけが世界だった5歳になる男の子。テレビがまさに世界の窓な男の子に母親はどう世界を説明していたのかが映画の中で重要な要素です。
突然、外の世界が実在するものだと知り、祖父母(ここが、複雑です)と出会い、普通の生活に入っていく。これはなかなかに大変なことだと思います。
アメリカでは毎年ものすごい数の誘拐事件が実際に起きています。この映画、冗談じゃないんです。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2499-1bd4663c

 ホーム