アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーマンンショックを見抜いた人々の話は「The Big Short」です

最近本当にひどい邦題が付いた洋画がありますが、邦題「マネー・ショート 華麗なる大逆転」もまさにそのひとつ。マネー・ショートってどんな意味ですか? 原題の「The Big Short」は「世紀の空売り」と定訳みたいなものまであると言うのに。

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」公式サイト
リーマンンショックを見抜いた人々の話は「The Big Short」です

冷静に考えれば、アメリカのサブプライムローンはローンを返せない可能性の高い人々に家を建てるために生み出されたローン。最初から危険なものだったんですね。それが簡単にアメリカの銀行どころか日本の投資会社まで信用していた。
もうひとつ、邦題について言いたいんですが、この映画は「華麗なる大逆転」なんかではまったくありません。見抜き、勝ち抜いた人々はみな、自分たちが手に入れたのは人を不幸にした結果のお金だと気付いている。しかし、お金がお金を生む仕組みを作り上げた人々は政府の援助を受け、建て直しをする。結果、貧しい人がより貧しくなるだけ。今の世界の姿を改めて感じました。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2476-d5c4cab4

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。