アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショッピングモールは悪、ではない、という新書

東浩紀、大山顕の対談から生み出された「ショッピングモールから考える」(幻冬舎新書)を読み終えました。面白い。何かの結論に向かっているという訳ではなく、ショッピングモールとはどんなものなのかという考えを広げていく対談。

「ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市」幻冬舎新書
ショッピングモールは悪、ではない、という新書

よくある議論として、ショッピングモールがやってきて、地元の商店街がさびれた、コミュニティが消えていった、という話がある。しかし都市ではコミュニティに参加できない人もいれば、子育て中のお母さんのように邪魔者扱いされることもある。ショッピングモールはそんなことはないし、時間があるならそこで1日だって過ごせる工夫がある。気楽になれる。
そんなところから副題にある「ユートピア・バックヤード・未来都市」が見えてくる。ディズニーランドとの比較も面白い。議論はいろいろなところに飛んでいく。それを楽しめるこの本もディズニーランド的?

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2469-6752ba6f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。