アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーキングヘッズになってしまった「ブラック・スキャンダル」

映画についてあまり悪く言いたくはないんです。大金をかけて映像がわかっていると自負している人々が何重にもチェックをかけて作っているから基本よく出来ているはずです。しかしですね、たまにだめだめなことが起きるんです。「ブラック・スキャンダル」の監督、出直してください。あなたはテレビドラマでもだめでしょう。これだけの脚本と俳優を使いながらなんでこんなにトーキングヘッズなんですか? 人が話している顔のアップのパレード。すごい物語なのに!

映画「ブラック・スキャンダル」公式サイト
トーキングヘッズになってしまった「ブラック・スキャンダル」

特殊メイクと言っていいはげ頭で出たジョニー・デップは完成した映画を見てどう思ったんでしょう。この映画は実話を元にしているというのに、ボストンらしさはどこにあるのでしょう? もちろん今のボストンで1980年前後のボストンを撮影するのは大変でしょう。ここを完全に逃げた結果が顔のアップの連続という結果になったんでしょう。残念です。物語いいのになあ。
ちなみにこのキャッチコピー、正しくないです。カンバーバッチ、別に悪くないです。兄弟だっただけです。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2465-3b809136

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。