アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

六本木で同じタイミングでふたつの建築の展覧会が開かれています。これってきっとわかった上でやってるんですよね? まったくアプローチの違うフォースター+パートナーズとフランク・ゲーリー。どちらも禁止と指定されていない場所では撮影OK。どちらも展示の基本は模型と結果までのプロセス。どちらも結果としては今まで見たことのないものを生み出すのですが、そのプロセスの違いは鮮明。
必要なボリュームを敷地の中で考え、そこから形を壊すかのように作っていくゲーリー。条件の中で理論的な答えを構築していくフォスター。

建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"|21_21DESIGN SIGHT

フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション|森美術館

まずはフランク・ゲーリー。UTS、シドニー工科大学。まずは敷地とボリュームの確認。最初はただの箱だったんですね。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

箱を細かく組み合せた複雑な形に進みます。見ているうちにやがてつまらなく感じるようになると先に進みます。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

丸めたり、反らせたりしてみます。こういう模型を作るためにゲーリーの工房には様々な素材が常にふんだんに用意されています。楽しいでしょうね。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

結果はあの紙袋みたいなUTS。こんな模型を過去すべて保管しているんだそうです。確かに倉庫費だけで大変。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

ここからはフォスター+パートナーズ。ドイツ、ベルリンのドイツ連邦議会議事堂、ライヒスターク。第二次世界大戦で崩壊した外観をできるだけ保ちつつ、新しいものを作る。開かれた議会とするために考え出されたのがドーム型の部分と内部が作り直されました。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

あのドーム部分のアイデアの山。
フォースターとゲーリーはこれだけ違う!

新しい世界を切り開いていく建築家の頭の中を見ているような、どちらも面白い展覧会でした。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2463-c14ae062

 ホーム