アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

深夜の騒音

深夜の騒音
私の部屋から見える隣のビルは玄関がそれなりに広くあって、それを階段が囲んでいる。時々スケボーをやっている人はいるけれど、そう気になったことはない。
昨晩、午前1時頃、突然うるさいスケボーの音が響き始めた。見れば多分30歳前後の男性4人。正直、とても下手だった。下手同士で楽しんでるんだなー、迷惑だなーと思った。しばらくは我慢していたけれど、下手なだけにうるさい。人生で初めて近所の警察に電話をした。事情を少し話したところで電話に出た方からビル名を告げられた。その通りだった。
「実はけっこうな苦情がこの件でかかってきておりまして、すでに現場に向かっております。もう少しお待ちください」時々あるけれど、こんなに下手でこれほどうるさいのは見たことがないと付け加えてあげたら「はい、みなさん、そう話しておられます。まもなく到着すると思いますので、よろしくお願いします」との返答。多分笑っていたと思う。
折角なので(うるさくて眠れないんだもの)見物していた。本当に下手だった。さらに自分たちの滑りを撮影もしていた。アホだなぁ。
2分ほどしたところでパトカーが無音で到着。そうですよね、騒音の苦情だもの。この瞬間、多分リーダーと思われる男がビルの裏手に逃走。警察官は追いもしない。経験で無意味とわかっているんでしょう。身元確認だけはしていたようだけれど、そのまま放免。すごすごと帰って行った。リーダーみたいなヤツのことを彼らはこれからどう扱うのかなあとどうでもいいことを思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2400-1a61a513

 ホーム