アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いアイデア、技法がきらめく森美術館「シンプルなかたち展」

六本木の森美術館へ行ってきました。「シンプルなかたち展」。それぞれに強い力を持った作品が数多く並んでいます。人によって気になる作品が違うのではないでしょうか。

シンプルなかたち展|森美術館

削ぎ落した滑らかな曲線が美しいブランクーシの「空間の鳥」、キャンバスを切り裂くことで空間を生むフォンタナの「空間概念」、あまりにも静かな水平線を捉えた杉本博司の「スペリオール湖、カスケード川」…どれも強いアイデアと技法に支えられた作品ばかりです。
いくつかの作品は写真撮影が許されています。光とプリズムを使って様々な虹を生み出すオラファー・エリアソンの「丸い虹」も撮影可能です。刻々と変化する丸い虹、白い光の輪(バラ曲線と呼ばれるものです)、逆に現れる陰の輪。その変化はいつまでも見飽きないものでした。
強いアイデア、技法がきらめく森美術館「シンプルなかたち展」

まだ1ヶ月続きます。もう一度見に行こうと考えています。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2363-da6b049b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。