アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

獲ったその日に食べられるなんて! 潮干狩りは準備が大切

行ったのは月曜日だったんですけど、面白かったです、潮干狩り。ほんと、準備が大切ですよ。獲ったその日のアサリを食べられるかどうかは準備次第です。肝心要はカゴ状のものを持参したかどうかです。

行ったのは千葉県木更津の金田海岸。暑くもなく寒くもなく、干潮時刻も午後1時と遅いので、ゆっくり。11時半に現地着。前日の人では2000人だったそうですが、さすがに平日、100人程度でした。

金田海岸、潮干狩り

獲り始めて1時間ほどでこんな感じ。私はそう真剣にはやってなかったんですが、順調に見つかりました。この段階でハマグリもひとつ。誘ってくれた人は真剣に取ってまして、私はほぼ子どもレベルですが…ちゃんと獲れました。最終的には2時間ほどで2人で4キロ。ハマグリとアサリでこのカゴ一杯になりました。持ち帰る時にクーラーボックスに海水を入れればきちんと持ち帰れますが、このカゴのように底から浮かしておけるものを用意すれば家に帰る間に砂出し完了なのです(ちょっと底から浮かす工夫をするとさらによい)。

潮干狩り

水たまりの中にナマコも発見。

ナマコ

取った貝は海水を入れたクーラーボックスに入れて移動。カゴの中で自然に砂出しが完了したところで行きつけの店へ。事前にお願いしておいたので、持ち込みOK。ちゃんと考えていてくれたようで、ただの酒蒸しではない素敵な姿で現れました。

ハマグリとアサリと山菜の鍋

ハマグリとアサリの酒蒸しに刻んだ山菜をどっと載せて登場。山菜は東北のもので、しどけ、行者にんにく、うるい、たらの芽。ごちそうさま。

佐藤智弘アイコンchiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/234-f4aedb87

 ホーム