アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確かに第2次世界大戦であった話の「イミテーション・ゲーム」

大学で数学を学んでいたものですから、アラン・チューリングとナチス・ドイツの暗号エニグマとの物語は細かいところまで知っていました。映画「イミテーション・ゲーム」は相当正確にその物語を再現しています。

映画「イミテーション・ゲーム」オフィシャルサイト
確かに第2次世界大戦であった話の「イミテーション・ゲーム」

階差エンジン、階差機関、そんな名前で呼ばれるのがこのマシン。今のコンピューターの元祖です。しかもそこでやっていたのは暗号の解読。私たちは普段暗号なんて考えもしませんが、例えば、Eメールはすべて暗号で送られています。エニグマと基本的に同じ仕組みです。
Eメールには送るための鍵=アドレスと受け取ったものを開けるための鍵=パスワードがあります。これが揃わないと読むことができません。この仕組みは暗号の方法として大昔から同じです。ただ桁数が圧倒的に上がったんですね。でも今の方がずっと上。なのに盗まれるのはバレるようなパスワードを使っているからです。この映画でもそんなエピソードが鍵だったりします。
さらにチューリング自身の人生を正確になぞっているので物語がなんともぐちゃぐちゃなのですが…それは仕方がないのでしょう。本当にそうだったので。

佐藤智弘アイコン chiro

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2328-8b71fb35

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。