アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式プログラムで実感するたすきの色の大切さ

自分はヌクヌクしながら見る箱根駅伝、という方が多いかと思います。ええ、他人事ではありません。あまりに受け身なのを反省して箱根駅伝のサイトをチェックしてみました。で、気付いたのがたすきの色の大切さ。ユニフォームではなくたすきなんですね。公式プログラムの歴史で感じました。

公式プログラムの歴史|箱根駅伝公式Webサイト
公式プログラムで実感するたすきの色の大切さ

最初にたすきの一覧が表紙に現れたのは第62回、1986年。写真印刷が使われるようになってすぐなんですね。その後、ない年もあるもののすぐに定着。たすきをつなぐことが駅伝を象徴することがよくわかります。さて、続きを見ようと思います。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2301-5d663203

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。