アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

空間の大きさを探ってしまうメゾンエルメスの「逆転移」 リギョン展

銀座メゾンエルメスの8階、フォーラムで開かれている「逆転移」 リギョン展を見て来ました。空間が続いているかのように見える工夫、空間のサイズがわからなくなる工夫、面白いです。

「逆転移」 リギョン展|メゾンエルメス|ARTiT

「善悪の知恵の木」という作品の中から出るところで、知り合いのスタッフから声をかけられました。「今回、撮影許可されている作品なんですが、カメラで撮ると緑になっちゃうんです」…そうなの? じゃあ、1枚、と撮影したのですが、確かに緑色になってしまいます。見た目では極めて真っ白です。そういうことか、ときっちり影を作ってみたら緑色。光源が緑の成分の多いものだったんですね。
こちらが実際に作品の中に入った時に感じた色。
空間の大きさを探ってしまうメゾンエルメスの「逆転移」 リギョン展

iPhotoで調整をする前はこれだけ緑色でした。オートで絞ってしまうのでバレるんですね。右の画像の右上のグラフで緑が如何に強く出ているかわかるかと。簡単に言うと露出を上げると白くなります。絞ると緑になります。
クラクラします、この空間。
空間の大きさを探ってしまうメゾンエルメスの「逆転移」 リギョン展

そして1階では人間が入れるサイズのスノードームに入った写真が撮影できるのですが…もう、そんなの出来ませんよ、小っ恥ずかしい。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2285-540e8ce9

 ホーム