アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが戦争の現実という「フューリー」

正直に言って、ブラピの、ブラピによる、ブラピのための戦争映画ですが、現実ってそうだろうなと思うところが実に多い映画でした。こんなに真っ正面の戦争映画って久しぶりかと思います。(「硫黄島」はちょっと特殊な状況についての映画だったと思います。)

映画「フューリー」公式サイト
これが戦争の現実という「フューリー」

でも、ブラピばかりではありません。脇役というか戦車フューリーに乗り込んでいる全員を好きになっていきます。癖のある人物ばかりですが。上の画像にはその5人全員がいます。それぞれの生き方に同感できます。
それはともかく、残酷な表現がはっきりとある映画です。戦争はこういうものです、と言いたいのがわかります。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2278-52b573e7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。