アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

南無八幡大菩薩!

考えてみれば相当に不思議な八幡大菩薩という名前。八幡様は本来神様のはずですがそこに大菩薩とつく。仏様です。ずっと八幡様には関心があったのですが、なかなか八幡様をきちんと解説する本に出会えませんでした。そしてこの飯沼賢司著「八幡神とはなにか」(角川ソフィア文庫)です。

飯沼賢司著「八幡神とはなにか」|角川ソフィア文庫
南無八幡大菩薩!

正直に言えば、学者さんの学者さん向けの文章であり、理解しにくい。その上、実は結論が明確ではない。そのことは著者自身が認めている。読むのに時間がかかった。
日本の神が悟りを経て、菩薩になったのだ。だから八幡大菩薩。しかも様々な縁起を辿るとその年号まではっきりとわかっている。すごい話だ。物語自体には真実はないかもしれないが、仏教を取り込んだ国家作りが行われていたことは確かだ。
この本だけではわからないことが多々あるけれど、門外漢にも納得する部分がしっかりとあった。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2151-c65df4a9

 ホーム