アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

これ、女の人にわかるの?…と初めて感じた村上春樹の短編集

村上春樹の本は基本的に男女を問わず、国籍を問わず共感されるものが多い。海外でも村上春樹の小説の話題はよく出る。日本人はいいよな、一足先に読めるんだからとよく言われる。今回の短編集「女のいない男たち」は今までとちょっと違う気がした。男性は女性を理解できないという話が並んでいるんだもの。

村上春樹著「女のいない男たち」|文藝春秋
これ、女の人にわかるの?…と初めて感じた村上春樹の短編集

多くの主人公と同じく中年の男性として共感できるところがとても多い。もっとも彼らのような人生を送ってきた訳ではない。そこが面白い。女性とこの本について話し合ったらきっと滅茶苦茶になると思う。女の人にここに登場する男たちの心理は理解できるのだろうか?
…まあ、そういう意味で女性にもお勧めします。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2140-fa29a29b

 ホーム