アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、アフガニスタンは内戦中なんだと気付かされる「ローン・サバイバー」

ようやく「ローン・サバイバー」を見ることができました。アフガニスタンのある場所。タリバンの重要人物の滞在地を確認し、基地に連絡をするという任務の4人のアメリカ軍兵士。村を見下ろす山の中で山羊の放牧をする人々に出会ってしまってから事態は一変していくという物語。全編、痛い映画です。もう見ていてこちらが痛みに耐えられない気分になります。

映画「ローン・サバイバー」
そうだ、アフガニスタンは内戦中なんだと気付かされる「ローン・サバイバー」

出会いが物語の鍵となるのですが、肝心なのはアフガニスタンは内戦中だということ。タリバンが支配している訳でもありません。色々なことが起きて当然なんです。
映画としての描写はギリギリで抑えていますが、公開処刑として、人前でダラダラと痛めつけ、最後に首をじわじわ落とすという行為が行なわれていることを示すシーンは本当に見ているのが大変というか…見る側も覚悟が多少いる映画でした。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2111-0e9ac0db

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。