アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっとやがて京極堂につながる…と予想される「書楼弔堂」

このところ京極夏彦の「百鬼夜行」シリーズの周辺の物語が出ていなかったので気になっていたのですが、登場しました。舞台が本屋、そして登場する神社で確信します。あのシリーズの前の時代を京極さんは考えていたんですね。すごい発想。

「書楼弔堂 破暁」京極夏彦|集英社
きっとやがて京極堂につながる…と予想される「書楼弔堂」

今回は実在の人物をモデルにした人物が次々に登場します。わかった時の快感はありますが、はずれたり、知らなかったり…とほほ。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2076-2fecb1fb

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。