アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙で生き残れる強さ…「ゼロ・グラビティ」

原題は「Gravity」ですが邦題は「ゼロ・グラビティ」。原題の方が言葉に奥行きを感じますし、物語の肝心な部分を言い当ててるように思います。それはさておき。

映画「ゼロ・グラビティ」オフィシャルサイト
宇宙で生き残れる強さ…「ゼロ・グラビティ」

地球の周回軌道には山ほどの宇宙ゴミが人工衛星や宇宙ステーションとともに存在するのは確か。自国の衛星を撃ち落とすというのはしていいことかもしれませんが、確実にそれを落とすことが必要であって、軌道上で爆発させたら大変なことになります。
世の中でそんなことがすでに行なわれているのかなと疑問に思いましたが、どうなんでしょう。そこはとりあえず、置き去りにしましょう。そこに引っかかっていると面白くもありません。
もしも宇宙服で船外作業中に宇宙ゴミの群れが襲ってきたら、パニック必至です。そんな中でジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックが生き残るんですが、ここから先が大変です。
冒頭の長長いカットに驚かされますが、その後はそういう無茶はせずに丁寧なカット作りを感じました。
いやあ、地球ってこんなに綺麗に見えるんでしょうか。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2041-45ae8e61

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。