アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう不思議などないと感じる梨木香歩「冬虫夏草」

梨木香歩の小説は時に深く響くのですが、「家守綺譚」はとても深く響きました。「冬虫夏草」はその続編。
梨木香歩「冬虫夏草」|新潮社
もう不思議などないと感じる梨木香歩「冬虫夏草」

とはいえ、小説としての作りは違い、さらに家とその周辺に籠っていた主人公が今回は旅をするという大きな違い。文体もだいぶ違うものではありますが、前作を読んでいないと入り込めないと思います。前作を読んでいるからこそ河童が出てきても天狗が出てきても平気なんですが、読んでないと、はあ?…となってしまうことでしょう。
個人的にはこの世界大好きです。この先はどうなるんでしょう。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2031-6b59faec

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。