アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

果たしてこれは何なんだろうと言うのが正直な感想「R100」

松本人志の作る映画というのは毎度、映画という枠から外れている不思議なものですが、今回もそうでした。「R100」というタイトルもすでに壊れている感じがしますが、実際、映画自体も不思議な壊れ方をしています。そしてこのタイトルのために映画自体を入れ子構造にするというね…ご丁寧な壊し方。

映画「R100」公式サイト
果たしてこれは何なんだろうと言うのが正直な感想「R100」

冒頭すぐ、冨永愛の見事な蹴りに驚かされ、その後も様々な女王の登場に驚かされ続けます。佐藤江梨子の問答無用な握り鮨の叩きつぶしはもう…よくこんな話を思いつきましたね、と驚きました。いやはや。これ、映画、という枠を外れているかと思います。
そしてすごいのはこの不思議な物語は多分、日本人でなくても間違いなく理解可能だというところ。やはり松本人志は天才だと思います。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/2006-d3f54f25

 ホーム