アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島を考える時

今年のヒロシマアピールズポスターは葛西薫さんでした。社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)のまさに骨太な企画として続いているものです。

JAGDA HIROSHIMA
広島を考える時

このシリーズの第1回目は1983年、亀倉雄策によるものでした。焼け落ちる蝶の群れにHIROSHIMA APPEALSの文字だけという潔いものでした。ご本人を前にそのポスターを見ることが出来たのは本当に嬉しいことでした。
仕事とはいえ、原爆投下から50年目の広島で撮影に参加しました。一番よく覚えているのは黙祷の鐘が鳴る中騒いでいる一団のアメリカ人だったり。
今年は68年めです。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/1963-9893223e

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。