アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代はちょっとすごいと園芸で感じる

江戸東京博物館で開かれている「花開く江戸の園芸」を見てきました。江戸時代の普通の人々というのは何を楽しんでいたのかと驚きます。

花開く江戸の園芸 | 江戸東京博物館
江戸時代はちょっとすごいと園芸で感じる

花なら菖蒲、朝顔、菊。この3種類をどんどん変化させていったのが江戸時代。庶民から武士までそれを楽しみ、植木屋が品種改良に勤しんでいたんですね。加えて桜や椿も江戸時代にどんどん種類が増やされていき、植木鉢の改良とともに盆栽も広がっていく。そんな江戸時代の姿を感じられる展覧会です。
常設展もぜひ覗いてほしいです。そちらにも変化朝顔の展示がさりげなく置かれています。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smallappartement.blog107.fc2.com/tb.php/1957-711b3403

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。