アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

「ブレードランナー2049」3つの前日譚

「ブレードランナー」は様々な映像制作者に多大な影響を与えた映画ですが、まもなくその続編「ブレードランナー2049」が公開されます。待ちきれません...という人のために3本の前日譚がネットで公開されています。リドリー・スコットはこういうこと好きですね。「エイリアン:コベナント」でも映画では使われていないエピソードをいくつかネットに公開しています。それを知らないで見るのと知ってて見るのでは印象が違ってきます。今回の「ブレードランナー2049」の前日譚はこの3本です。

まずは日本人監督による「ブレードランナー ブラックアウト 2022」。前作の「ブレードランナー」にとても近い空気をアニメで作り出しています。
「ブレードランナー2049」3つの前日譚

続いては「2036:ネクサス・ドーン」。新たなレプリカントの誕生を描く短編。リドリー・スコットの「エイリアン」シリーズとの重なり合いが感じられます。
「ブレードランナー2049」3つの前日譚

最後は「2048: Nowhere to Run」。逃げ道はない、ということでしょう。今回の映画の直前の物語です。
「ブレードランナー2049」3つの前日譚

どれももととなる「ブレードランナー」への深い思いが感じられる映像です。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

 ホーム  »  次のページ