アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

よく出来た、よくあるストーリーの「ラ・ラ・ランド」

アカデミー賞6部門受賞ということで、まあ週末は避けようと判断し、火曜の朝一番に「ラ・ラ・ランド」を見て来ました。ミュージカル映画の典型的な恋愛スタイルなので、これ普通に作ったら特に評価されもしなかったでしょう。「セッション」の監督だけに様々な映像の工夫が仕込まれ、過去の映画からの引用も多々あったように思われます(すみません、ミュージカル映画あまり見てないので、多分あの映画だな、くらいな感じ)。監督、音楽が好きなんですね。

映画「ラ・ラ・ランド」
よく出来た、よくあるストーリーの「ラ・ラ・ランド」

ジャズを愛する彼にはレトロなオープンカー。両親の庇護を受けつつ、舞台を夢見る彼女にはトヨタプリウス。こんなところにも世相が現れています。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

 ホーム