FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

今年も個人的なアカデミー賞予想をしてみました

毎年当たらないアカデミー賞の個人予想です。本当に当たりません。日本公開前の作品が多いというのも事実。賞を取ったと宣伝すると観客が増えるという事情から候補になると確実視されると公開が遅れるという訳のわからないシステムがこの国にはあるのです。今年もノミネートが発表されたので、記録として私の予想を書いておきます。 見てないどころか…もうね…。

公式サイト↓
The 2013 Oscars 85th Academy Awards
今年も個人的なアカデミー賞予想をしてみました

ひと目で候補がわかるiTunesのサイト(全カテゴリーが紹介されている訳ではありません)↓
85th Academy Awards | Movie Trailers | iTunes
今年も個人的なアカデミー賞予想をしてみました

主演男優賞:ダニエル・デイ=ルイス「リンカーン」スピルバーグに作品賞や監督賞という線は極めて少ないので主演賞かと。
助演男優賞:トミー・リー・ジョーンズ「リンカーン」彼は脇役でも光っていると思います。
主演女優賞:ジェシカ・ジャスティン「ゼロ・ダーク・サーティ」監督が前作で作品賞取っていることを考えても女優賞かと。ビンラディンを見つけるまでの中心にいたのは女性だったんですね。
助演女優賞:アン・ハサウェイ「レ・ミゼラブル」毎度体当たり演技で知られる彼女です。まあ、賞をあげなくてもいいでしょ…という声もあることでしょう。もう相当にファンが多いでしょうし。 しかし、本当にダイエットがすごいです。アンはそれなりに豊かな方が実は美しいですけど、努力を買いたいです。
アニメーション映画賞:「メリダとおそろしの森」脚本の出来が実に素晴らしい上に映像が美しかったと思います。
アートディレクション賞:「ライフ・オブ・パイ」相当に努力を重ねていそうです。ホビットに今さら…というのもあります。
撮影賞:「アンナ・カレーニナ」撮影にはだいぶ工夫をしたことと思います。
衣装賞:「白雪姫と鏡の女王」石岡瑛子さんにオスカーをあげられるのはこれが最後です。
監督賞:ミヒャエル・ハネケ「愛、アムール」カンヌでパルム・ドール2回という実力派。オスカーは手にしていません。
編集賞:「ゼロ・ダーク・サーティ」再び圧巻の戦場世界でしょう。「ハート・ロッカー」と基本同じスタンスなので、作品賞や監督賞にはしにくいと思います。
作曲賞:ダリオ・マリアネッリ「アンナ・カレーニナ」07年に受賞していますが、文学作品って受賞しやすい傾向がある気がします。
作品賞:「愛、アムール」激戦です。個人的にはベン・アフレックの「アルゴ」にしたいところですが「ゼロ・ダーク・サーティ」もあるので、潰し合いかと。
音響効果賞:「アルゴ」時代設定に合わせた作りはけっこう難しいものです。
視覚効果賞:「プロメテウス」この映画にもひとつくらいは…。
脚本賞:「ジャンゴ・繋がれざる者」タランティーノ健在という感じ。この映画にもひとつくらい…。

きっと今年も違うんだろうなあ。そもそもこの賞の目的は最優秀なものを選ぶのではなく、業界の活性化にある、という事実をうまく読み込まないといけません。日本にいると公開前が多過ぎてとても当てにはいけません。とほほ。

関連記事(去年の話ですよ)
アカデミー賞予想の惨憺たる結果

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



 ホーム