FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

11 ≪│2012/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

雪の素顔

「雪」と聞くと綺麗に対照的な六花の結晶を思い浮かべるものですが、現実的にはそんな結晶はけして多くないそうです。丁度中谷宇吉郎さんの「雪」を読み直していたら、「WIRED」に雪の結晶の電子顕微鏡写真が載っていました。中谷さんの時代にこの機械があったら…とふと思ってしまいます。中谷さんの受け売りでちょっと解説。

Snowflakes Under an Electron Microscope | WIRED

六花に見えますが、ふたつの結晶がくっついたように育っていて2段になっています。よくあるんだそうです。表面のボツボツは途中で加わった水蒸気の粒です。
雪の素顔

立体的に生長するのもよくあることだそうです。雲の中でいろんなことが起きて、いろんな形が生まれ、さらに降ってくるまでの2、3時間(またはそれ以上)に少しずつ変化をしてきた結果がひとつひとつの雪片なんです。
雪の素顔

関連記事
雪の形

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



 ホーム