FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

11 ≪│2012/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

セイコー、130年の腕時計の歴史

日本の機械式腕時計ブームは景気後退とともに消えていきましたが、あの時ブームに乗り切れなかったんですよね、セイコー。改めて機械式腕時計も作ってはいますが…やはりクウォーツと共にセイコーがあったと感じさせる年表をセイコー自身が作っていました。

セイコー腕時計の歴史 | セイコーウォッチ株式会社

まず年表が現れます。自然に流れていきますが、止めることもできます。創業1881年、だそうです。
セイコー、130年の腕時計の歴史

初めての懐中時計の名前が「タイムキーパー」! 今時のTKさんの手にあるのはデジタル式で、演算も自在なものですが…あ、関係ないですね。
セイコー、130年の腕時計の歴史

世界初のデジタル6桁表示ウォッチ。確かに今では世界標準です。毎度、秒まで必要な人は誰なんだろうと思いますが、それはさておき。今時のストップウォッチなんて1000分の1秒までありますけど、測定誤差を考えるとなんだか不思議な気持ちになります。
セイコー、130年の腕時計の歴史

近年は機械式腕時計の分野へも戻ってきました。技術力ならば負けない。そこはわかりますが、ブランド力はどうなんでしょう。そこを考えないと世界では認められないかと。
セイコー、130年の腕時計の歴史

関連記事
長いようで実は短い「アベンジャーズ」誕生までの年表
今も昔も懐かしい。カールのCM年表

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



 ホーム