FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2012/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

どんな世代が見てもきっと共感する「おおかみこどもの雨と雪」

もちろん「サマーウォーズ」の細田守監督の作った映画ですから期待はしていましたが、それ以上でした。「おおかみこどもの雨と雪」。新しい映像作りに果敢に取り組むのも毎度のこと。校舎の廊下からクラスを覗くカットを左右にスライドすることでどんどん進級させていくカットなんてどうやったら思いつくのでしょう。お見事!
子育て中の人は間違いなく自分の話として見ていくでしょう。子育てを終えた人はそうだったなあと見るでしょう。子育て前の人はどちらかと言うと子どもの視点から成長することってこうなんだなぁと見るでしょう。娘からの目で物語が語られるのも共感しやすい選択でしょう。

映画「おおかみこどもの雨と雪」

父親であるおおかみおとこを失った後の母親「花」、長女の「雪」、息子の「雨」の生き方はそれぞれに共感できます。
どんな世代が見てもきっと共感する「おおかみこどもの雨と雪」

おおかみの血をひいている、というのが物語の特殊な点ですが、人は誰しも何かしかの特殊事情を持っているものです。それをどう引き受けるかという問題は必ず親子の問題として起きますし、選択をどう決断するのかは人生の大事な問題です。だからこそこの物語は誰もが共感できるんだと思います。
子育てを終えた人はきっと、そうそう親の方が子離れできないんだよねぇ、とつくづく思うことでしょう。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



 ホーム