FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2012/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

メリダの髪に驚き。ここまでできるんだとまずそこに感動

「メリダとおそろしの森」見てきました。この邦題についてはまったく納得できないんですけどね…。原題の「BRAVE」が圧倒的に正しいのは予告編からもわかってましたけど…。物語は素敵でしたし、CGってもうこんなにすごいことができるようになったんだと、自分が携わっていた世界なだけに驚きました。

メリダとおそろしの森 | ピクサー | ディズニー映画

映像として最もすごかったのが主人公の王女メリダの髪。これがふわふわと動くためには風、重力とともに髪同士の細かいレベルでの物理的な反発を計算しないと表現できません。ついにそこまで可能にしたんですね。…と、そこに感動。ふわふわと髪が動きます。3Dなので、触ってみたくなったり。
メリダの髪に驚き。ここまでできるんだとまずそこに感動

しかし、そんなことはどうでもいいくらい物語がよく作られています。母と娘の確執(けっこう珍しいテーマです)を壊すのは実に困難。それを表現するために伝説と複数の熊が必要だったんですね。見事な物語だと思います。
メリダの髪に驚き。ここまでできるんだとまずそこに感動

魔法使いがいい加減過ぎる? だからこそ母と娘の努力が見えるんです。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト



 ホーム