FC2ブログ

アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

原美術館の恒久展示と建物のちょっと素敵な関係

ふと思い出したので書いておこうと思います。ちょっと素敵な話。原美術館は私もよく行くのですが、ある時撮影で伺って、その時に聞いた話です。この美術館の恒久展示の作品は館内の様々なところに置かれています。それは美術館と作家との話し合いによって場所が決められます。選択は意図があればどこでも自由に作家は指定できるというもの。

で実際に行ったことのある方はおわかりの通り、かつてトイレだったところが2カ所作品に置き換わっています。それもトイレであったことがわかる形で。この作品もそのひとつ。あ、これはフロアプランですけど。
原美術館の恒久展示と建物のちょっと素敵な関係

で、1階のトイレのひとつも森村泰昌さんに奪われ、トイレが不足する事態を憂慮し、ふたつめのトイレが作品に奪われた後でルールが変更されました。トイレはもうダメです。トイレ以外で場所を探してください。現代美術の作家さんって面白いですよ。本当に予想外の提案してきますから。まあ、知り合いにもいるんですが…。

原美術館

佐藤智弘アイコン chiro@早く群馬の原美術館ARCでエリアソンの作品が見たい
スポンサーサイト



 ホーム