アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワで感じたこと

仕事で2週間ほど、モスクワに行ってきました。そのモスクワですごく強く感じたこと。

モスクワで感じたこと

今の中国人と韓国人の醜さ。我が物顔ってこれなんだなあ、と思う。朝食のバイキングでこのホテルには中国語のメニューはないの?と平気で言う集団。
とはいえ、ふと思ったのがかつて商社マンと呼ばれていた日本人がきっと同じことをしていたんだろうなあと言うこと。そしてその世代が夫婦旅行で欧米を今旅していること。悠々自適な暮らしをしているからきっと私以上に中国人や韓国人をそんな目で見ているのだろう。
今日、飛行機で日本に帰ってきた。もちろん機内にはそんな熟年カップルがたくさん。マナーなどない。食事の時間には背は戻しましょう、とアナウンスが日本語で流れてもそのまま。同世代のロシア人夫婦もそうだった。世界的にこの世代は潤っている。そしてマナーが最低だ。添乗員さんはレストランに入るたびにきっと謝まっているに違いない。いや、この世代を受け入れるんだから、そんな店なんだろう。悲しいなあ。
私は添乗員さんのいる世界は体験したことがないので、よくわからないけれど。

佐藤智弘アイコン chiro
スポンサーサイト

TOPIXって?

案外、適当に聞き流しているかと思いますが、TOPIXというのは「1968年1月4日を基準値とし、基準日の東証市場第一部に登録しているすべての日本企業の時価総額(約8兆6000億円)を100ポイントとした場合、現在の同じ条件の時価総額との比率です(若干派端折って書いています)。
たまたま整理をしていて2008年に東証を見学した時にいただいてきたわかりやすい(?)グラフが出てきました。1時間くらい眺めてしまいました。
ここでは1978年から2008年までのTOPIXの推移が表されています。下の方に公定歩合(今はそう言わないんですよね、今はもっぱら政策金利、本名はもっと長いです)。
TOPIXって?

1978年、TOPIXは400を突破。一部上場した企業が増えたこともあります。一方、今やマイナスになろうとしている政策金利は1980年には9%だったんですね。
TOPIXって?

バブルの頂点。1989年の年末。TOPIXは最高値2884.80を記録。今日のほぼ倍です。急落がすごくて、翌年の10月には1523.43まで下がっています。
TOPIXって?

そこから色々あって…2000は遠いんだなあと実感。1990年生まれは今では25歳。好景気を知らずに今の若い人は育ったんだなあと実感。
TOPIXって?

佐藤智弘アイコン chiro

あの日なにをしていたのか

4年前の今日、何をしていたのかは明確に覚えています。あの地震の直後ネット検索はすごいことになっていたんですね。私はその時編集室で映像の細かな編集作業をしていました。ネット検索なんてする場所ではないので、私は何も検索していなんですけど。

3.11検索は応援になる。|Yahoo検索
あの日なにをしていたのか

14時過ぎからの激しさに驚きます。
なかなか気持ちは立ち直れないですよね。私も立ち直れていません。

佐藤智弘アイコン chiro

ベルリンの壁崩壊から25年

25年だそうです。ベルリンには何度か行っていますが、旧東ドイツに入るとすぐにわかります。今も25年以上前の建物が並んでいます。国家計画に基づいた住居、という感じ。今では旧西ドイツ側の方もそちらに住んでいたりして混ざってます。そして壁のあった場所が今もはっきりとわかる形で残されています。まさに風化させないという態度。

ベルリンの壁崩壊から25年

どんどん過去が消えていく日本とはだいぶ違います。もっとも気候も違いますし、残すものは固いものばかりですが。やはり風土が違うんでしょうか。

佐藤智弘アイコン chiro

未承認国家は大変ですよ、スコットランドさん

このところの様々な未承認国家の登場が気になってNHK BOOKSの廣瀬陽子著「未承認国家と覇権なき世界」を読みました。この本自体はスコットランドのことなどかけらも意識していません。旧ソ連を中心にロシアの誕生とともに発生した新しい国家とその国家を誰が認証したのか、そしてされない場合どう進むのかという冷静な話です。

未承認国家は大変ですよ、スコットランドさん

しかし、スコットランドがもしも独立すると同じ過程を踏まざるを得ません。英ポンドの使用が断られた時にユーロを通貨とすることは難しいでしょう。独自の貨幣を作るのも資金が必要です。それだけではありません。いえ、貨幣の話など軽い方です。国としての信用を得るのは大変なのです。慎重になってほしいです。

佐藤智弘アイコン chiro

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。