アパルトマンの住人たち

検索BOX・タグ一覧

リンク

リンク

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

ノロウィルスにやられていました

結果として1ヶ月にわたる闘病生活になってしまった。とはいえ、発症から4日目には人前に出ていいと医師に宣言された。ノロウイルス感染だった。
先月14日の金曜日、何も知らずにノロウィルス満載の生のりのクリースプスパゲッティを食べた。一皿きっちり食べた。この生のりに問題があった。土曜日の朝、区の災害対策用の冊子を見て病院に電話。この段階ではインフルエンザなのかノロなのかは分からず。安静にするしかてはないとこのと。
関ヶ原の合戦
翌日はもう七転八倒。腸の中で多分、ノロウィルスと白血球が壮絶な戦いを展開。翌日には用事があって渋谷に行けたので、これで収束へ向かうと思っていた。
ゲリラ戦
ところがその次の週末に大腸の方々で小競り合いが勃発。こんな繰り返しのため、横隔膜が痙攣したようになり、しゃっくりがとまらない。
現状
普通に暮らそうとすればできるが、何をするにも時間がかかる。来週モスクワに行く前に戻るといいけれど。
スポンサーサイト

ミラは素子だったのね、とそこは納得の「ゴースト・イン・ザ・シェル」

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は日本の漫画から始まったものだから、なんだか批判的な意見が多く見られます。私は発展系だし、今の時代だからこその映像で作られていると感じました。スカーレット・ヨハンソン綺麗に撮れてるし。

<映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」公式サイト>
ミラは素子だったのね、とそこは納得の「ゴースト・イン・ザ・シェル」

見ていて思ったんですが、これ続編作ろうとしてませんか? 終わり方も含め。

佐藤智弘アイコン chiro

絵巻だらけの展覧会

サントリー美術館で「絵巻マニア列伝」を見てきました。担当は学芸員の上野友愛(ともえ)さんなので、見る前に東京美術発行の「かわいい絵巻」を読んでから。読んでからいくと絵巻の内容が先に入っているのでわかりやすいです。この本は上野さんと山口県立美術館の岡本麻美さんの共著。

「かわいい絵巻」|東京美術

絵巻マニア列伝|サントリー美術館
絵巻だらけの展覧会

展示されている絵巻と本の中に登場する絵巻がだいぶ重なっているので、読んでから見に行くことをお勧めします。

佐藤智弘アイコン chiro

久しぶりの深い映画「ムーンライト」

アカデミー賞作品賞をこういう映画が獲ったというのはいいことだと思います。「ムーンライト」、すごい映画でした。撮影の正確さがまず素晴らしい、そして音がいい。こういうのがいい映像なんだという見本となる映画だと思います。

映画「ムーンライト」
久しぶりの深い映画「ムーンライト」

月の光の元では黒い肌は青く見える、という象徴的なセリフがあります。黒人であるということ、親子の問題、ドラッグの問題、ゲイの問題。深い物語です。

佐藤智弘アイコン chiro

桜の季節

気象庁によると東京の桜は満開だそうです。現実的には満開じゃないところばかりですが、気象庁が決めた木があるんですよね。確かに今日はいいお花見日和。午前中から宴会が始まっていたので、私は通り抜けただけですけれど。
桜の季節

しだれ桜も咲き始め。
桜の季節

花の形で散って、低木に落ちたものを拾っては辞書に挟みます。毎年恒例です。
桜の季節

佐藤智弘アイコン chiro

 ホーム  »  次のページ